Your command center for conversational commerce

LiveEngage gives agents, bots and managers the toolset needed to ensure the seamless management of messaging operations.

Command center for conversational commerce Command center for conversational commerce
Request Demo

一か所で、すべての対話を管理

ボットは、常にすべてのメッセージングチャネルに渡る対話を処理するために、単一のウェブベースのワークスペースでエージェントと協力して動きます。 担当者は、デスクトップからでも、モバイルデバイスからでも、同時に複数のメッセージング対話を簡単に処理することができます。リアルタイムでボットの対話を監視できるため、消費者の満足度を維持するために、必要に応じていつでも対話に介入できます。ボットは、対話への介入を受けて、そのパフォーマンスを長期的に向上させます。

一か所で、すべての対話を管理

リアルタイム感情測定で対話の健康管理を

LivePerson独自のMCS(Meaningful Connection Score)は、自然言語処理とAIを使用して、対話中の消費者感情を測定します。MCSは、文節、区切り、それらの頻度などに基づいて、メッセージや対話ごとに満足、中立、不満足のスコアを決定します。 このような機械的で偏りのない評価に基づいて、マネージャーは消費者が不満を抱き始めているかどうかを判定し、対話介入の判断を行います。介入の経験は、ボットマネージャーにとっても重要です。マネージャーは、これらの経験から、ボットのどこに最適化を進める必要があるのかを理解できるだけでなく、どの対話に介入の必要がありそうか、予め知っておくことができます。

リアルタイム感情測定で対話の健康管理を

SmartCapacity™がエージェントの生産性を最大化

SmartCapacity™は、エージェントが一度に最大40の対話を処理できるようにし、生産性を最大化します。 LivePerson独自のSmartCapacityアルゴリズムは、対話の総数だけではなく、それぞれの対話でエージェントが送受信するメッセージの速度を分析して、実際の対応力も判断します。 LiveEngageは、対話の複雑さに基づいて対話の焦点を自動的に合わせたり外したりします。この機能により、エージェントは多くの対話からの過度な負荷に圧倒されることがありません。

SmartCapacity™がエージェントの生産性を最大化

レポートと分析からROIを測定、パフォーマンス最適化へ

対話の長さ、そこでの感情、CSAT(顧客満足度)、消費者の意図、さらにそこから読み取られた商談化の可能性など、対話のそれぞれで、そのあらゆる側面がLiveEngage内で追跡されます。LiveEngageには、さまざまな既存分析レポートに加え、独自のKPIからROI測定を行えるカスタムレポートを設定する機能が備えれらています。これらレポート機能は、エージェントとボットの長期的パフォーマンスを最適化しながら、顧客の動向、ブランドの認知度、製品の使用事例などに関する貴重なビジネス上の洞察を蓄積して行きます。

レポートと分析からROIを測定、パフォーマンス最適化へ

オープンプラットフォームが広げる可能性

ワンサイズが全てにフィットするわけではありません。LivePersonのオープンプラットフォーム、LiveEngageは、ブランドが求めている独自のニーズを満たすため、機能を拡大し、適応していきます。ビジネスを実行するために必要なアプリケーションの数は増え続け、これらのシステム間の統合は、円滑で効率的なビジネス推進のためにますます重要になります。LiveEngageの堅牢なAPI、統合対応のバリエーション、SDKのライブラリが、これをすべて可能にします。

An open platform expands possibilities

エンタープライズクラスのセキュリティ

LivePersonのアプリケーション、インフラストラクチャ、ポリシー、そして手順は、Fortune 500のお客様に採用された際、その最先端のセキュリティチームによって検証されました。これは企業と消費者の対話データすべてが、転送中、静止中、保存中に関わらず暗号化して安全に保たれていることを示しています。すべてのデータは、LivePersonの最先端データセンターに保存されています。Livepersonは、潜在的な脆弱性と弱点についても、業界をリードするさまざまなセキュリティツールを使用してインフラを毎日自動スキャンし、セキュリティ運用チームがその状況と結果を常に監視しています。

エンタープライズクラスのセキュリティ