solutions

世界中で多くの企業がライブエンゲージを導入し、携帯電話やタブレットなどの携帯端末でオンライン・コミュニケーションを提供しています。

ライブエンゲージのモバイルは、iOSアプリ、iOS用またはアンドロイド用携帯サイトでスムーズに作動し、導入はまさに「プラグ&プレイ」で、ライブエンゲージの他のインフラとのオーバーヘッドは一切必要ありません。

メリット

需要に応える

消費者のニーズに応え、場所を問わずアクセスできる携帯端末でチャットサービスを提供

オペレーションを効率化

ライブパーソンの調査によると、 モバイルチャットの平均所用時間はPCチャットの約1/3

ビジネス拡大

携帯端末でのチャットサービスにより、顧客満足度やブランドロイヤリティが向上

素早く簡単に導入

「プラグ&プレイ」でインストール可能で、導入決定からローンチまでに必要なのは約2〜3週間

モバイルチャットの機能

ライブパーソンのモバイルチャットは、携帯端末からアクセスするPC用チャットとは全く異なるものです。現在市場で求められている携帯端末でのチャットサービスを展開しています。

  • 既存チャネルとのインテグレーション:  既に導入済みのチャネルとの完全なインテグレーションが可能
  • オペレーターのツール: 
    • ユーザーの識別とアラート:  オペレーターは、お客様がどのような経緯でチャットに至ったか確認することが可能
    • モバイル用の定型応答文:  携帯端末用に、ハイパーリンクなしの短い定型応答文を設定
  • 切断時は再接続:.  チャットの途中で携帯電話の電波やwifiへの接続が切断した場合でも、チャットは自動的に再接続
  • スクリーン共有:  お客様が同意すれば、携帯端末のスクリーン共有が可能
  • ユーザーの誘導:   オペレーターは、お客様の携帯端末でカーソルを動かして、どこをタップ、スワイプ、フリックすればいいか示すことが可能
  • 顧客情報:  オペレーターは、携帯端末の種類、通信会社、顧客が閲覧した製品などの情報を確認可能
  • 視覚的なナビゲーション: .  オペレーターは、画面にボタンを表示して特定の商品やページにお客様を誘導
  • チャットボタン:  オペレーターがチャットに対応できない場合は、チャットボタンは表示されない

B. - Part B - View by Solutions

B. - Part B - View by Industry_jp