オンデマンドで見る

対話型AIで切り拓く次世代のカスタマーエンゲージメント

企業と消費者とのコミュニケーション方法においてAIがより一般的な役割を果たすようになるにつれ、企業はコンタクトセンターを適応・最適化し、パーソナライズされた体験を大規模に提供する必要があります。nn本ウェビナーでは、ライブパーソンの対話型AIがどのように企業と消費者のコミュニケーションを改善するのかをお聞きいただけます。

2022 年 10 月 6 日 1:00 PM – 2:00 PM | オンデマンドで見る
オンデマンドで見る

対話型AIで切り拓く次世代のカスタマーエンゲージメント

AIが企業と消費者のメッセージングをどのように革新しているかをご紹介します。

オンデマンドで見る

ライブパーソンの専門家による講演

私たちが日頃よく目にするチャットボットには、その用途があります。チャットボットは、簡単なFAQの回答や、オペレーターへの誘導を可能にします。これらのオンライン・バーチャル・アシスタントは、例えば飛行機の予約や新しい電化製品の購入など、セルフサービスのページやウェブコンテンツに私たちを導いてくれます。これまで、このようなボットによる対応により、イライラさせられた経験がある方もいるかもしれません。しかし、幸いにも技術は進歩し、新世代のチャットボットは非常に優れた体験を提供できるようになりました。私たちは、完全に自動化された会話を楽しむことができ、ボットエージェントと人間のオペレーターの間をパーソナライズされた声のトーンでシームレスに移動することができるようになったのです。これらの機能は、消費者の問い合わせが途切れ途切れで終わらないようにし、ネットプロモータースコアや顧客満足度の向上につながるでしょう。

ライブパーソンの対話型AIは、私たちのブランドの実現に貢献しています:

  • チャットボットと人間のオペレーターを必要に応じて統合することで、シームレスなデジタルジャーニーを実現 
  • サービス提供のための全体的なコストを20%削減
  • 最大40%の会話がチャットボットで完結するため、人間のオペレーターはより多くの時間を貴重で複雑なお問い合わせに集中することができます。

ウェビナーでは、新旧のチャットボットの使用事例の違いを理解し、チャットボットをアップグレードして、顧客センチメントのスコアの上昇と顧客体験の向上を実現するための簡単な次のステップをご紹介します。ぜひご参加ください。

  • カスタマーエクスペリエンス – 顧客視点での可能性
  • オペレーターエクスペリエンス – オペレーターのワークスペースと管理者のユーザーインターフェースのご紹介
  • 自動化、AI、インテント・データ – 規模に応じたCXの構築でオペレーターの効率化を実現

対話型AIで顧客体験を再構築

赤根 大助

シニア・ソリューションズ・コンサルタント、ライブパーソン・ジャパン

以下の録画されたウェビナーをご覧ください 👇

オンデマンドで見る